POND HOCKEY JAPAN / ポンドホッケー ジャパン
日本で唯一のポンドホッケー情報サイトです。 アイスホッケーを生涯スポーツにする事を目的に細尾 ドーム リンクで活動しています。 初めての方は右サイドバーの重要過去記事から是非お読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンドホッケールール

ポンドホッケールール

『氷上の格闘技』と言われるアイスホッケーから<格闘技>という部分を全て取り除いて安全最優先がポンドホッケーです。

※1チーム6人編成で試合は4人対4人のゲームで選手交代は随時自由。(3対3も有るようです。)
※1ピリオド20分でハーフタイム 5分~10分で2ピリオド制 (時計は止めない)
※リンクサイズはおよそ41m×20m (これもかなり適当でOK? )
※ゴールサイズは幅183cm×25.4cm
※プレイヤーはヘルメット着用 プロテクター類は自由だがなるべく着用する事。
(ヘルメット無しで帽子でもOK?)
※ ゴールキーパー用の装備は認めない。キーパー用のスティックも使用禁止で選手が交代で守る。
※キーパーが膝をついたりして守る事も禁止だから得点しやすい。

-------反則類----------

※マイナーペナルティーの場合は相手チームの得点とする。
※相手を負傷させるようなメジャーペナルティーを犯したプレーヤーは試合から退場となりチームは一人少ない人数で試合をしなければならない。
※審判に対する抗議などはメジャーペナルティーで退場。
※チェッキングはマイナーペナルティーとする。
※スラップショットは禁止。(マイナーペナルティー)
※ゴール前で倒れ込んだり寝込んだり、もしくはヒザをついたりして得点を防ぐ事(マイナーペナルティー)は相手の得点と成る。
※スティックを落として(氷に横倒して)ゴールを妨害する事(マイナーペナルティー)
※腰よりも高い位置でスティックを扱う事は禁止(パックは相手チームに渡される)
※パックを高く打ち上げるのは禁止(パックは相手チームに渡される)
※パックがフィールドから出た場合は最後に触ったチームの相手にパックは渡される。
※ゲーム再開時は相手プレーヤーはスティック2本分の距離離れなければならない。
※オフサイドとアイシングは無し。
※シュートを自陣から打つ事は出来ない。
※得点後や反則後はセンターからプレー再開。


スポンサーサイト

Welcome

Pond ホッケーは北米などで多くの愛好家がいるアイスホッケーの原型です。 アイスホッケーの持つスピードとスリルはそのままに、格闘技という部分を全て取り除いた競技です。高さ25cmのゴールを使用し4on4で対戦します。キーパーもプレーヤーが交代で防具無しで守る為に得点もしやすく、誰にでも安心していくつに成っても冬場の健康増進の為に楽しむ事が出来ます。 あなたも一緒に遊んでみませんか? お問い合わせ等は下記までメールをお願いいたします。 phjapan◎mac.com  (◎の部分を@に変えてください。)

rennsyuu1

重要過去記事

細尾 ドーム リンク貸し切り情報

現在のところ貸し切りは有りません。 細尾リンク 0288-54-0474

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Links

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。