POND HOCKEY JAPAN / ポンドホッケー ジャパン
日本で唯一のポンドホッケー情報サイトです。 アイスホッケーを生涯スポーツにする事を目的に細尾 ドーム リンクで活動しています。 初めての方は右サイドバーの重要過去記事から是非お読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習風景2

gourumae1

かなり真剣なゴーリー(笑い)by ピンキー初段撮影
gourumae2

パックの動きを捉えた決定的な写真 by ピンキー初段撮影

 
スポンサーサイト

ホッケーヘルメットのカスタマイズ。

今さら聞けない常識シリーズ

<ホッケーヘルメット編>

管理人は頭がデカイ、、、^^;

スポーツショップで様々なヘルメットをかぶったけれどどれもちょっと窮屈。
迷いに迷って現在は CCM社製の青いヘルメットを使っています。

しかし長くかぶっているとときどき頭が痛く成る。

管理人の場合はこめかみの部分が締め付けられるように感じる。
ゲンコツでぐりぐりされてるような痛みです。

対策はヘルメット内部の衝撃吸収用のウレタン材をはがしてカッターなどで削る事。
こめかみ部分を思いきって半分ぐらいの厚みに削ってみたところかなり改善しました。

ウレタン材を調整したら再び両面テープで固定して完成です。

注意したいのは薄く削れば削るほど衝撃吸収の能力は落ちるのであまり削りすぎるのも問題という点です。
小さな事ですが誰かに教えてもらわないと出来ない道具のカスタマイズです。

子供の頃からプレーしている選手にとっては常識でも管理人には全てが新しい発見であります。

ポンドホッケーではヘルメットだけは必須のプロテクターです。
スケーティング技術が未熟な管理人はいかなる時でもヘルメットは装着して遊んでいます。
万が一転倒した時に肝心のヘルメットが脱げたらもともこも無いのでアゴヒモも必ず止めています。

過去にヘルメットなしで転倒して後頭部を強打して15分以上気絶したトラウマです。(T_T)

顔面を保護するプラスチックのシールドはポンドホッケーならおそらく不要ですが万が一スティックやパックが目を傷つけると怖いので管理人は付けています。

シールドは汗をかくと曇るのでちょっと面倒くさいのですが備えあれば憂い無しです。
専用の曇り止めスプレーもショップで販売しているのでそれもお薦めです。

初心者にはホッケー道具ひとつをとってもわからない事が多いですよね。

次回はスケート靴のヒモの締め具合について書きたいと思います。

問題解決

練習でひんぱんにチームを組み替えたりメンバーを入れかえたりすると誰が味方か敵か判らない。

リンクで遊んでいる子供達もさそってゲームをするのでパスしたら敵だったなんて事も良く起こる。

ジャージの色を変えればいいんですけどそれだとお金がかかるしお手軽には出来ない。

悩みになやんでいろいろと考えて閃いた!!


ビカァ~~!!


色付きのガムテープをヘルメットや帽子に張ればいいんじゃなぁ~~い??

交代してもすぐはがせばチームメンバー入れ替え戦もすぐに出来るし。

いやぁ~~俺って天才かも、、、^^;

日曜日の練習(11時)にはカンセキで買っていきます!

PS テープのノリが剥がした後に残るのが問題だとご指摘を頂きました。
テープの材質をもう少し研究する必要が有りそうですね!

ポンドホッケールール

ポンドホッケールール

『氷上の格闘技』と言われるアイスホッケーから<格闘技>という部分を全て取り除いて安全最優先がポンドホッケーです。

※1チーム6人編成で試合は4人対4人のゲームで選手交代は随時自由。(3対3も有るようです。)
※1ピリオド20分でハーフタイム 5分~10分で2ピリオド制 (時計は止めない)
※リンクサイズはおよそ41m×20m (これもかなり適当でOK? )
※ゴールサイズは幅183cm×25.4cm
※プレイヤーはヘルメット着用 プロテクター類は自由だがなるべく着用する事。
(ヘルメット無しで帽子でもOK?)
※ ゴールキーパー用の装備は認めない。キーパー用のスティックも使用禁止で選手が交代で守る。
※キーパーが膝をついたりして守る事も禁止だから得点しやすい。

-------反則類----------

※マイナーペナルティーの場合は相手チームの得点とする。
※相手を負傷させるようなメジャーペナルティーを犯したプレーヤーは試合から退場となりチームは一人少ない人数で試合をしなければならない。
※審判に対する抗議などはメジャーペナルティーで退場。
※チェッキングはマイナーペナルティーとする。
※スラップショットは禁止。(マイナーペナルティー)
※ゴール前で倒れ込んだり寝込んだり、もしくはヒザをついたりして得点を防ぐ事(マイナーペナルティー)は相手の得点と成る。
※スティックを落として(氷に横倒して)ゴールを妨害する事(マイナーペナルティー)
※腰よりも高い位置でスティックを扱う事は禁止(パックは相手チームに渡される)
※パックを高く打ち上げるのは禁止(パックは相手チームに渡される)
※パックがフィールドから出た場合は最後に触ったチームの相手にパックは渡される。
※ゲーム再開時は相手プレーヤーはスティック2本分の距離離れなければならない。
※オフサイドとアイシングは無し。
※シュートを自陣から打つ事は出来ない。
※得点後や反則後はセンターからプレー再開。


POND HOCKEY チーム設立。

何故ポンドホッケーなのか?

45歳からよちよちアイスホッケーを始めてみて感じる疑問がいくつか有った。
スケートでさえ30なん年ぶりというド素人にしか判らないアイスホッケーの難しさです。

地域のチームに頼み込んでなんとか入部させて頂いたのだが技術力に差が有りすぎて全く上手くならない、、、(笑い)

上手くなりたい気持ちはおおいにあるのだが、残念ながら地域社会人チームにはド素人を教育してる時間も仕組みも存在しなかった。(練習はすべて試合形式です。)

そんな管理人は偶然衛星放送で見たカナダのポンドホッケーというゲームにいたく共鳴。

ポンドホッケーは現在のアイスホッケーの原型でアイスホッケーと決定的に違うのはゴールの形状。

ポンドホッケーのゴールは高さが25センチしか無いのでパックを浮かせた強烈なシュートやパスが禁止されています。
激しいボディーチェックも厳重に禁止(退場)されていて選手同士がぶつかり合う事はありません。

経験者には判らないかもしれませんが強烈なシュートで飛びかうパックはド素人にはもの凄い恐怖で、万が一パックに直撃されたらどうなるんだろうという怖さがつきまとう。

ポンドホッケーはプレーヤー中の誰かががゴール前で守るというスタイルということで専門の防具が歩いているようなゴールキーパーは存在しないんですね。
ジェイソンマスクも必要ないしキーパー用のでっかいスティックも禁止されています。

ゴーリーがいないと試合に成らないという現在のスタイルだとキーパーの防具は重装備なのでお気軽には出来ないのですが、ポンドホッケーなら選手が交代でゴールを守るので誰にでも得点のチャンスが広がります。

スケート靴とスティックさえあればOKというお手軽さも大きな魅力です。

プレーヤーの防具は原則的に自由(自己責任)ですがヘルメットとヒジとヒザを守るのは初心者には必要かなと思います。

リンクサイズも通常の半分でも三分の一でも出来ますし、ゲーム人数も4対4でも良いし、3対3でもOKととても柔軟です。

このようなアイスホッケーのミニゲームはどこでも子供達が昔から遊んでいたスタイルですが、あくまでアイスホッケー上達の為の練習であってそれ自体は競技では有りませんでした。

たとえで言うとサッカーとフットサル の違いに似ています。

フットサルももともとはサッカーの上達の為のミニゲームだったと思いますが、現在ではルール等が出来あがって全く違うスポーツとして競技人口がどんどん増えている。

少人数で手軽にどこでも安全に(フットサルはタックルなどが禁止されている)楽しめるというのが忙しい現代にはマッチしているのがその理由だろう。

「フットサルやらない?」とは誘われても「アイスホッケーやりませんか?」とは言われない、、、(笑い)

ポンドホッケーも近年カナダなどで大きな大会 が開かれるようになって、ひとつの新しい競技として人気が出て来ているようです。

私が考える理想は「ポンドホッケーって面白いからやってみない?」と沢山の人がホッケーの魅力に触れてみるチャンスを増やす事です。

実際にヨチヨチ滑りながらでもスティックでパックを打って滑らせると、この世のものとは思えない滑らかなパックの動きに虜に成るはずです。

そんなド素人プレーヤーでもポンドホッケーなら得点のチャンスさえ有ります!(オフサイドがないのでゴール前で張ってればチャンス有り。)

ルール も極力ケガを防ぐように決められていて高齢になっても童心に帰って遊ぶ事が可能です。

スケートリンクでただ滑るのも面白いですがホッケースティックを持つとさらに楽しいです。

転ばぬ先の杖にもなりますからね、、、(笑い)


あなたも一度パックと戯れてみませんか?

PS 興味の有る方は メールにてご連絡ください。
phjapan◎mac.com (◎の部分をアットマークに変えて下さい!)

Welcome

Pond ホッケーは北米などで多くの愛好家がいるアイスホッケーの原型です。 アイスホッケーの持つスピードとスリルはそのままに、格闘技という部分を全て取り除いた競技です。高さ25cmのゴールを使用し4on4で対戦します。キーパーもプレーヤーが交代で防具無しで守る為に得点もしやすく、誰にでも安心していくつに成っても冬場の健康増進の為に楽しむ事が出来ます。 あなたも一緒に遊んでみませんか? お問い合わせ等は下記までメールをお願いいたします。 phjapan◎mac.com  (◎の部分を@に変えてください。)

rennsyuu1

重要過去記事

細尾 ドーム リンク貸し切り情報

現在のところ貸し切りは有りません。 細尾リンク 0288-54-0474

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Links

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。