POND HOCKEY JAPAN / ポンドホッケー ジャパン
日本で唯一のポンドホッケー情報サイトです。 アイスホッケーを生涯スポーツにする事を目的に細尾 ドーム リンクで活動しています。 初めての方は右サイドバーの重要過去記事から是非お読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクルーティング活動順調。

早くもストーブリーグのポンドホッケージャパンですが会長 J のリクルート活動は快調。

本日も二名にポンドホッケーの魅力を説明して入団にこぎつけました!!(笑い)

1名は遂に キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! の女の子であります、、、(汗)

今年の冬はさらに盛り上がりそうです、、、ってまだ十分日光は冬なんですが頭は既に今年の11月に照準ロックオ~~ン。

チーム数を6チームぐらいに増やして総当たりのリーグ戦をやりたいというのが2006/2007シーズンの目標設定。

やはり先日の NHK 放送録画ビデオを見せながら説明するとわかってもらえるのが早いです。

「きゃぁ~~楽しソォ~~」ってかなりの盛り上がり。

強敵イナバウア~フィギュア軍団に負けて成るものかとポンドホッケージャパン快進撃中であります。

説明のツボは以下の要点。

1 安全第一で危険なプレーは全て取り除かれている点。
2 アイスホッケーとは違う新種目で世界大会まで既に存在する事。
3 童心にいつでも戻れる事。
4 少人数で手軽。
5 etc,,,

「とにかくポンドホッケーは楽しいからやりませんか?」って言うのが1番。

楽しいから気軽に誘えるし伝わるんですね。

早く細尾リンクが氷らないかなぁ~~(笑い)









スポンサーサイト

競技としてのポンドホッケー

昨年から試行錯誤で始まったポンドホッケージャパン。

最も大切にしているテーマは初心者にやさしく安全に遊べるという事。

さて楽しければ良いのかといえばやはり一つの競技として経験者や上級者を魅了する事も大切である事も事実です。

近年競技として確立しつつあるポンドホッケーは北米カナダを中心にして大きな大会が開かれるようになって来ています。

なかでも現時点で最も大きな大会はワールド ポンドホッケー チャンピョンシップ でしょう。

先日も書きましたが2006年大会で優勝したチームは Boston Danglers でなんと3連覇を達成しています。

どんなチームなんだろうとしらべてみたら会長 J はちょっと驚いた!

エースはこの人 です。

誰だか判る人はかなりの通というかオタクですね、、、(笑い)

じつは Brian Skrudland さんはスタンレーカップを2回制覇しているNHL プレーヤー。

会長 J は目が点であります!(汗)

戦歴を検索してみたらこれまたすごい!(ここ

NHLで881点というスーパー パワー フォワードです。

ポンドホッケーは子供の遊びと思われがちですが世界制覇となると、このようなプロ中のプロでも夢中になる良い証拠です。

このような強者と試合する経験は素人にはチャンスさえ無いのが現状ですが、ポンドホッケーならばそれも可能です。

アイスホッケーから全ての<格闘技>という部分が取り除かれているポンドホッケーならば問題なしです。

ただし、現時点では大差で負けるでしょうが点を全く奪えないかというとそうでもありません。

今期 Boston Danglers の通算成績は 234ゴールですが失点も63点 あります。

ゴールキーパーが居ないポンドホッケーでは完封試合というのはめったに無いと思って良いでしょう、、、

私たちが将来大会に参加した時には是非 Boston Danglers と対戦してみたいものです。

試合結果はさておいて往年のNHL選手と試合後にうまいビールが飲める事だけは会長 J が保証しましょう。(笑い)

PS Brian Skrudland さんが何故ポンドホッケーのような収入にもならない競技に取り組んでいるのでしょうか? 想像ですが彼はホッケーの楽しさを手軽なポンドホッケーを通じておおくの人に伝ようと考えているのではないでしょうか? もう一つの理由はホッケーが大好きでいつまでも現役でプレーしたいからだと会長 J は推察しています。




 

テーマ:POND HOCKEY - ジャンル:スポーツ

NHK放映大好評!

先日多くの方々にご協力いただいたPOND HOCKEY JAPAN 取材番組が本日放送されました。

本当にありがとうございました。

キャスターの楢橋さんとは直前まで電話などで打ち合わせしていたので、番組作りのたいへんさが身にしみて理解できました。


冬期オリンピック種目の中で日本が唯一出場出来なかったアイスホッケー。

世界と戦うには競技人口を増やす以外に方法はありません。

裾野を広げるのに少しでもお役に立ちたいと決意を新たにしました。

アイスホッケーの楽しさを理解するのはやってみるのが一番です。

未経験者でもちょっとした練習で出来るポンドホッケーをやってみませんか?

(氷上の格闘技アイスホッケー) - (格闘技) = 楽しいポンドホッケー

ご質問など有りましたら phjapan@mac.com までご連絡ください。

PS 日光を漂ふさんが関連記事をアップしてくれました。
放送直後からポンドホッケーという検索で多くの方がサイトを訪問された軌跡がご覧頂けます。(記事はこちら 試合動画はこちら




Welcome

Pond ホッケーは北米などで多くの愛好家がいるアイスホッケーの原型です。 アイスホッケーの持つスピードとスリルはそのままに、格闘技という部分を全て取り除いた競技です。高さ25cmのゴールを使用し4on4で対戦します。キーパーもプレーヤーが交代で防具無しで守る為に得点もしやすく、誰にでも安心していくつに成っても冬場の健康増進の為に楽しむ事が出来ます。 あなたも一緒に遊んでみませんか? お問い合わせ等は下記までメールをお願いいたします。 phjapan◎mac.com  (◎の部分を@に変えてください。)

rennsyuu1

重要過去記事

細尾 ドーム リンク貸し切り情報

現在のところ貸し切りは有りません。 細尾リンク 0288-54-0474

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Links

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。